~みんなで楽笑サバイバル~

comalis.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パレンバンへ〜その弐

。。。つづき。


e0112213_17213113.jpg

川沿いに、橋が見えました。戦後日本政府が、賠償責任として架けたそうです。それまでは、渡し船しかなかったそうなので、かなり便利になったことでしょう。




e0112213_17255566.jpg
その近く、戦争中、陸軍病院のあったと思われる場所にたどり着きました。やはり現在はもうその建物はなく、何か軍の施設となっておりました。日本から持ってきた、祖母の遺影と、日本酒とお米をお供えし、お線香をあげました。
言葉にできないものがそこにはありました。



e0112213_17414719.jpg
e0112213_17421634.jpg近くには、当時からあったと思われる博物館や、建物は新しいものの、場所は変わらずにあるモスクも確認できました。



e0112213_17425146.jpg













歩道の脇に咲いていたお花も、良かったねと言ってくれてるようでした。





さて、旅の目的がこれで果たせたと言うことで。


e0112213_17464476.jpg
お腹も減ってきたので、また市場の方へ戻り、外でおにーちゃん達が炭火焼をしているお店に入りました。


e0112213_1747670.jpg

真剣に品選びして、ウエイターに伝えるものの、メモをとってくれません。「大丈夫か?」と聞くと「頭良いから」みたいなジェスチャーをされました。

e0112213_1747272.jpg









しかし、料理は同じものが二皿来ました。一つ忘れちゃったのね・・まぁ美味しいのでいいです。


e0112213_17475547.jpg


レジで、片言のインドネシア語をしゃべって、女の子達とはしゃいでいるの図。





さて、食後、もうひとつ当時の資料にあった、ハンコ屋通りに行ってみました。



e0112213_19133041.jpg
これは、祖父の遺品で、こちらで作られたハンコです。「スマトラ派遣記念」と彫られています。これが作られたであろう所を、たどってみることにしました。


e0112213_1920546.jpg

すると、同じ場所にまだハンコ屋街がありました。これはまた感動しました。


e0112213_19241728.jpg

せっせとお仕事をしているおじさん。

e0112213_1926258.jpg

その側で、暑いのに炎天下で賭け事をしているおじさん連中、せめて日陰でやればいいのに・・。




この商店街のあたりは、いろいろなお店があって面白かったです。



e0112213_19354212.jpg
青空床屋さんをはじめ、


e0112213_1936940.jpg 

      入れ歯屋。


e0112213_19363354.jpg

カメラを向けると、調子こいて、ひっくり返してくれるパンケーキ屋さん。


e0112213_19373226.jpg

うーん、よく分かんないお店。


e0112213_19504824.jpg


お手製研磨機で、石らしきものを磨く人。


e0112213_1951124.jpg

クラッチ屋。これだけで商売が成り立つなんてすごい。


e0112213_1952047.jpg

果物屋さんもあり。


e0112213_19523580.jpg
移動式、串焼き屋さんもありました。バナナの皮で品物を包むのですね。よく見ると、上に傘が差し込んであり、南国ならではの対策もなされてました。



また、つづく。。。
[PR]
by comalisfield | 2010-02-18 20:20

慰霊旅行〜パレンバンへ


父と旦那と三人で、インドネシアはスマトラ島にある、パレンバンという街に行ってきました。
私の祖父は、戦争でパレンバンに行き、残念ながらそこで病気になって亡くなってしまいました。
一度行きたいと、かねてからの父の希望であり、私自身も、遺影の写真でしか知らないおじいちゃんは、どのような所で最後を過ごしていたのだろうかと思っていました。


e0112213_2013336.jpg

パレンバンのことを調べていくうちに、偶然にも、たまたまインターネット上に残っていた、当時の資料を見つけました。元は消されているため、どなたが何のために載せたものかは分からないのですが、当時の地図と街の様子を知ることができ、それを辿ってみることにしました。。。


                 
         *********



e0112213_1283858.jpg

マレーシア経由で、エア・エーシア航空を使って、パレンバンへ入ります。



e0112213_12311981.jpg

この航空会社が今度日本にも入るようになると聞いて、機内にある冊子を広げて路線を見てみると、おぼろげな日本地図が描かれていました。と言いますか全体的にいい加減な地図です・・・。
頼むぞエア・エーシア!




e0112213_1620335.jpg
パレンバンに無事着きました。

まずは起点となる橋のある所まで、ベチャという三輪自転車に乗ることになりました。値段交渉中です。
三輪自転車はアジア各国にありますが、インドネシアの場合は、お客が前に座るスタイルでした。

e0112213_1621599.jpg
大型バスとすれ違ったりして、ちょっと怖かったですが、視界をさえぎるものがないので、気持ちよかったです。



e0112213_16382345.jpg  目的地が近づくと、いろんな物を運んでる人々がいろんな方向から、湧くように出てきます。

e0112213_1638505.jpg

e0112213_16391346.jpg




     
 

e0112213_16393179.jpg

写真ではわかりにくいですが、人が多い〜!
そして皆やたらと、でかい声を出し合ってます。
パレンバンは石油資源もあるので、すっかり都会なのだろうなと思っていたら、なんか違います。

 



e0112213_19105988.jpg

橋の手前が庶民の市場になっています。これは、戦時中と同じようです。建物は残ってなくても、道なりや雰囲気は、かなりそのままのようです。

e0112213_19112561.jpg

こちらの国の人は、きれいに品物を並べます。

e0112213_1912117.jpg

金物も道ばたで売っています。

e0112213_19134825.jpg



この子は、売る気はなく、蟹みたいのを目の前に物思いにふけってました。

e0112213_19142398.jpg

こちらのおばちゃんも、可愛くきれいに並べています。

e0112213_19144329.jpg

そうそう、この紙おもちゃのラッパ。近くで見ると手作り感たっぷりで、一時ブームになったのでしょうか?このあと、あんたもあんたもあんたもか!と飽きれるを通りこして笑ってしまうほど、いたるところで売られていたのですが、旅の間、誰も買っているのを見たことはなく、また、遊んでいる人も見なかったです。
ついこの前までは、よく売れてたのかもしれません。が、もう売れてないのは明らかなのに・・・何もしないよりは、なのでしょうか。

e0112213_19151850.jpg

市場のちょっと中へ入ると、この人だかり。。。

e0112213_19153827.jpg





流しのおにーちゃんもいました。

e0112213_19161884.jpg







こちらの路地も気になりますが、ひとまず川の方へ出ます。






e0112213_20225077.jpg

薄曇りの天気に、鈍く泥を運んでいる川があらわれました。
この景色は、戦時中と変わらないのでしょうか。
ウチのおじいちゃんも、ここへ来て、この景色を眺めていたのかしらと思うのでした。。。

つづく。。。
[PR]
by comalisfield | 2010-02-03 20:31

神奈川県は丹沢のふもとで、食べ物からエネルギーまで、地域自給力アップを考えます!


by comalisfield
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28