~みんなで楽笑サバイバル~

comalis.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

田植え前の田んぼ






e0112213_08353172.jpg






e0112213_08364879.jpg






e0112213_08383473.jpg







e0112213_08394067.jpg







e0112213_08403197.jpg




去年、イノシシに畦を綺麗に切り崩され、今年の田んぼはどうなることかと思いきや、冬の間に畦を盛り付け直してみたら、イノシシが増えてしまったザリガニを食してくれたこともあり、春先畦に穴を開けられることもなく、雨の少ない時期も、意外にも水を蓄えたまま田植えの時期を迎えることができました!
 いろんな生き物たちが気持ち良さそうにしています。
 私も田んぼに寝ころびたいほど気持ちいい~♪






















[PR]
by comalisfield | 2014-05-22 09:07

なんちゃってホイロで緑茶作り




e0112213_08561581.jpg


今年もゴールデンウイーク中に庭に植えてあるお茶を摘み、製茶しました。






e0112213_08563284.jpg


ロケットストーブ方式で釜の湯を沸かし、
摘んだお茶を蒸し。。。
(早くもレンガ式ロケットストーブ、年季が入ってきましたね~。)







e0112213_08565259.jpg


ホイロという製茶する時に使う道具を、廃棄利用の浴槽で代用し、
中に炭を入れじわじわ熱で温めながら乾燥させてゆきます。
なんちゃってホイロ、なかなか良い働きをしてくれます。
一日ホイロの前で過ごして完成です。

この作業を、生茶葉10~12㎏、2回に分けて製茶し、完成品が2.5~3.5㎏に。
これでわが家一年分の茶葉となります。


しかし残念ながら、震災後、私はこのお茶をほとんど口にしていません。なんと言いますか、当時のことがいろいろ蘇り、お茶の味を単純に楽しめないままでいます。


循環する暮らしをと思う反面、
循環させるのが怖いと思う。。。

しかしこれをちゃんと抱えながら暮らそうと思う。

循環を感じない暮らしはしたくない。



























[PR]
by comalisfield | 2014-05-21 13:18

     田んぼの住人






e0112213_13085964.jpg

雉(キジ)さん
私より長いことここに居られてます。
これはオス。「ケーン ケーン」と時々鳴いてます。
雉って国鳥だったのですね。





















[PR]
by comalisfield | 2014-05-15 13:14

醤油の麹作りに挑戦~材料から自家製

 
 

ここで言う醤油の麹とは、醤油自体を作る元となる麹のことで、米麹に醤油を加えて作る醤油麹のことではないです。4日間ほどずっと世話して出来上がる、米麹作りよりちょいと大変な麹作りです。正直作り方を学ぶほど敬遠したい気持ちも生まれましたが、目の前に醤油の原料となる大豆と小麦があるのだからと、えいやっと挑戦してみました!
 
 
 実際作ってみて味噌と醤油ってこんなに違うのかと思いました。簡単に言うと「味噌」は米麹を塩切して茹でた大豆をつぶして混ぜて発酵させるもので、かたや「醤油」は米麹を使うことはなく、小麦と大豆からできた麹を塩切して、水と合わせて発酵させてそれを搾ったものになるわけです。

 その醤油の麹作り、まずは大豆の選別から始まるのでした。自家用は長い道のりです。でもそれでいいのです。それが大事なのです。もっと細かく振り返れば、種蒔きからの始まりですね。小麦も収穫選別です。

 材料が揃ったところで、小麦は炒って砕きます。大豆は茹でます。それに種麹を混ぜて、麹菌が小麦と大豆に増えて広がって行くように温度湿度管理の世話をします。


e0112213_11330577.jpg
     (2014.4.23.12時)
            種麹をつけたばかりはこのような感じ。




e0112213_11370641.jpg
                             (2014.4.24.8時)
翌朝、周りに白い菌が付着し始めます。
だんだん品物を広げながらお世話を続けます。




e0112213_11440030.jpg
                             (2014.4.25.15時)
だんだん全体が黄色く胞子も生まれてきて麹作りで言う「花が咲いて」きました。
より均一に麹菌がひろがるように手入れをします。
上写真、左は手入れをする前のもので、右は手入れをしたものです。
右の方が更に色付いているのがわかりますでしょうか?




e0112213_12042718.jpg
               この時点ではまだ大豆の中にまで菌が入っていっていません。
              大豆を割ってみるとこんな感じ。
              ここからさらに品物を乾燥させて行きます。


  


e0112213_12081885.jpg
                             
       ゆっくり乾燥させて行きますと、いよいよ翌朝ころには。。。
            全体がもわもわ麹菌が舞ます。





e0112213_12144163.jpg
                                    (2014.4.26.7時)
    大豆を割ってみてみると、中にまで菌糸がめぐり「はぜる」状態にまでなりました。
                               でけた!!

わからないことばかりの挑戦だったので、とにかくマメに観察して、あーかなこーかなと試行錯誤しながらの、また睡魔との戦いでもありましたが、久しぶりに自分のいろいろなところを使った感覚の4日間でもありました。


 


e0112213_12294380.jpg
          できた麹を塩切して湧き水で仕込んだものは「もろみ」と呼ばれ、今現在はこんな感じです。
   ここまでに天地返しを3回して、麹、塩、水も馴染んできて落ち着いてきたようです。
               手前醤油ですが、すでに美味し!です♪






































[PR]
by comalisfield | 2014-05-14 07:00

ロケットストーブ作り  (ペール缶2段式)




先月、偶然それぞれの知人からロケットストーブ作りをしたいと言う話が持ち掛けられ、自分も機会があったらペール缶2段式のロケットストーブを作りたいと思っていたので、今回は講師は頼まず自分たちでやってみようということで製作してみました!


e0112213_23220065.jpg
                                       
                                                 ☆これが今回の完成品です☆






    
e0112213_22325588.jpg

今回、このトタン切り鋏が大変役にたちました。グラインダーやジグソーを使ってやったりもしましたが、ペール缶くらいの厚みだったら、思ったより負担なく切れました。次回もしまたこのような機会があったら、この鋏をメインにやってみようと思いました。これだと、火花は散らないし、電気使う道具より安全です。




e0112213_23283036.jpg

また今回、一番難しく苦労したところは、二段を繫ぐところでした。二つの缶の隙間を塞ぐためタオルを切り入れ、それごとネジで締めるのがなかなか試行錯誤しました。どう簡単にできるか、今度講師の方に聞いてみようと思います。
なんだかんだで正味5時間ほどかかりましたでしょうか。なんとか完成しました!




次回はあるもの利用の材料ゼロ円で工夫工作してみたくも思いました!
























[PR]
by comalisfield | 2014-05-13 23:51

神奈川県は丹沢のふもとで、食べ物からエネルギーまで、地域自給力アップを考えます!


by comalisfield
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31